企業法務の仕事

企業法務の仕事といってまず最初に浮かぶのが、契約や取引に関わる法務です。
契約書の作成や取引内容の条文のチェックといった内容です。最近では海外との取引をしている企業も増え、そうすると相手国の法律知識についても知っておく必要がありますし、細かく契約内容やその取引内容のチェックも必要です。
また、契約内容というと、その取引の内容にばかり目が行きがちですが、それだけでなく業務の詳細や秘密保持の取り決めといったことまで確認をしていきます。

次に、企業が活動する中で忘れてはならないのが組織法務です。株主総会や取締役会といった株式に関係する法的な業務、子会社の管理といったものが含まれます。

そして、近年注目されているのがコンプライアンスの遵守です。コンプライアンスというのは法令遵守という意味で、法令に則った企業運営をすることが掲げられています。
社員の法律への危機意識を高めること知識を深めることを目的として、文書やマニュアルを発行したり研修を行ったりということがこれに当たります。

最後に、企業も人も裁判の当事者になる可能性があります。企業へのクレームが訴訟問題に発展したり、従業員が社外でトラブルを起こしてしまったり、そういった時には弁護士とともに訴訟や交渉といった対応を行います。

\