企業法務とは

近年、法律のやり取りが様々な場面で求められるようになり、企業法務についても注目されるようになっています。
企業法務というのは、会社の活動に関わる全ての法律関係の仕事を指します。企業法務が取り扱う具体的な内容というのは、企業が取り扱うものや仕事内容によっても異なりますが、基本的には4つに分けられます。

このような仕事というのは、会社内で担当者が受け持って仕事を行うこともありますし、役職の高い役員や部長職が行うこともあります。また、規模の大きな会社になれば法務課があり、法務全般の仕事を請け負うこともあります。
しかし、法律に関わることというのは、ミスをすれば社会問題や損害賠償につながる可能性もあるために、慎重に取り扱うことが必要な内容です。そこで、企業によっては顧問弁護士を雇い入れてその企業法務に関わる仕事内容のチェックを依頼したり相談を行ったりしています。

もちろん、顧問契約を結べば顧問料が発生し毎月一定額の支払いが必要ですし、顧問料では賄えない場合には追加の相談料が発生します。それでも、顧問契約を結んで困った時の対処をできるように企業は準備をしており、企業法務というのはその重要性がどんどん高まっています。

そこで、ここでは直接的に企業法務の仕事に関わっていなくても知っておくべき企業法務の仕事内容について紹介をしていきます。また、企業法務を正しく運営していくために顧問弁護士を雇う必要性についても紹介をしていきます。

\